日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
auテレビ.Gガイド
テレビ

第2回
帰蝶 役/川口春奈さん インタビュー

美濃を牛耳る斎藤道三(本木雅弘)の娘で、政略結婚により、織田信長(染谷将太)の正妻となる帰蝶。道三の家臣である明智光秀(長谷川博己)とは幼いころからよく知る仲でもあります。馬で駆け抜ける姿や凛としたたたずまいが印象的な帰蝶を演じるのは、大河ドラマ初出演の川口春奈さんです。時代劇自体が初という川口さんに、現場で大変なことや撮影エピソード、帰蝶の秘められた思いなどをお聞きしました。

テレビ

――帰蝶の印象を教えてください。

「激動の時代を生き抜いた女性なので、芯が強く、とても賢い女性だと思います。斎藤道三の娘である帰蝶には使命があり、自分の父に対しても、嫁いだ先に対しても、賢く物事を考えて遂行していくようなイメージがあるので、常に"どうしたらいいのか""どうしたらこうなるのか"を考えることを意識しながら演じています」

――川口さんにとって初めての大河、始めての時代劇ですが、苦労はありますか?

「着物を着て、かつらをかぶってお芝居することから不慣れですし、その時代特有の所作があるので、すごく勉強になります。たとえば、女性が座ったときに立膝になるのですが、手を置く位置によってリラックスして見えたり、緊張しているように見える表現ができることを所作の先生に教えていただきました。細かな所作だけでいろいろな感情表現ができるんだなと学びながらお芝居しています。また、大河ドラマはたくさんの方が関わっていて、セットもすごいですし、スケールがとても大きいと感じています。自分が大河ドラマに出演している映像を見ても不思議な気持ちですが、オンエアを見たときは素直にうれしかったです。家族も友人も気合いを入れて応援してくれています」

テレビ

――染谷将太さん演じる織田信長の印象を教えてください。

「今作の信長は子供のように天真爛漫な部分があったり、潔く物事を決める瞬間があったり、いろいろな顔があってすごく新鮮です。その信長を染谷さんがコミカルに演じてくださっているので、"おもしろいな"と思いながらお芝居させていただいています。帰蝶も最初は"なんだこの人"と思うんですけど、信長の育ってきた環境やお母さんとの関係性を知るとすごく切ないものがあり、自分と通じるものがあるのではないかと思ったのかもしれません。それでいていつもケラケラ笑って、大胆な行動をする信長を見ているうちに、帰蝶はどんどん惹かれていったのではないでしょうか」

テレビ

――帰蝶の光秀への思いをどう捉えていますか?

「光秀は人を斬ることに違和感をずっと抱き、戦のない世に変えていきたいという思いや責任感もある。しかも好奇心旺盛でタフさもあって、頼まれると断れないところは、近くで見ていたらきっと"ほっとけない""もっと知りたい"と思うだろうし、とても魅力的に感じると思います。それに優しいですしね(笑)。帰蝶が政略結婚で織田家に嫁ぐ話があり、それが嫌で光秀に会いに来たとき、帰蝶には切ない思いがあったと思います。帰蝶が、"私、どうしたらいいの"という気持ちを言えるのは光秀しかいなかったと思うので、光秀が信長に会ったあとも、帰蝶としては尾張に行くことを止めてほしかったのではないでしょうか。でも、自分が織田家に嫁がなくてはいけないという強い覚悟もあった。だからこそ帰蝶と光秀、二人のシーンはすごく切ないと思いました」

――光秀を演じる長谷川博己さんや、道三役の本木雅弘さんの印象は?

「長谷川さんとは初めてお会いしたのですが、本当に助けられています。クランクインする前から温かい言葉をかけていただいて、撮影に入ってからも、周りに目を配り、みなさんを気にかけてくださっています。長谷川さんはすごく穏やかに現場にいらっしゃるので、とても安心感があります。本木さんも普段はとても優しいのですが、お芝居に入るとものすごい威圧感とオーラがあり、見透かされているような目に圧倒されますし、道三がその場にいるだけで自分が動かされていると感じます」

テレビ

――今後、どんな帰蝶を見せていきたいですか?

「尾張に嫁いでからは日々、環境がめまぐるしく変わっていきます。この先、台本を読んでいると衝撃的なことが平然と起こるので、あまりに驚いて気持ちがなかなかついていかないこともあります。でも、そういう激動の時代だからこそ、恐れずに最後まで強くて賢い帰蝶を演じていきたいです。今回、なにもかもがチャレンジで不安のなか飛び込みましたが、私にとって帰蝶は間違いなく自分を成長させてくれる役ですし、私のことを知らない方たちにも見ていただける機会だと思うので、一生懸命取り組んで、いろいろなものを吸収していけたらいいなと思っています」

――……ありがとうございました。

次回

テレビ

第11話

「将軍の涙」

2020年3月29日(日) 午後8:00〜 NHK総合

光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼するが…
再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。ついに非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。兵が出せない由を尾張に伝えにいく光秀(長谷川博己)。このままでは人質同然の帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうことを恐れていると、ふと信長(染谷将太)が、かつて京の将軍家のとりなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す。光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼しに戻るも、金がかかると難色を示される。そこで、高政のとりなしで守護の土岐頼芸(尾美としのり)のもとを訪ねるが、道三をよく思わない頼芸はその願いを突っぱねる。

出演:長谷川博己染谷将太門脇麦岡村隆史木村文乃石川さゆり/西村まさ彦/伊藤英明南果歩片岡愛之助高橋克典吉田鋼太郎堺正章本木雅弘/(語り)市川海老蔵

番組情報

麒麟がくる

毎週日曜 夜8:00〜 NHK総合

登録して出演番組を
見逃さないようにしよう。
テレビ
テレビ
情報提供:ウィルメディア編集部
オススメ
テレビ
ビデオパス×auテレビランキング
テレビ
auテレビTOP
番組表