日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
auテレビ.Gガイド
2018.5.27(月)
注目のインタビュー

大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」
月1連載インタビュー

テレビ

第5回 美川秀信 役/勝地涼さんインタビュー

金栗四三(中村勘九郎)とともに熊本から上京した美川秀信は、浅草の遊女・小梅(橋本愛)といい仲になったり、竹久夢二に憧れて美人画を描いたりと、見ているだけで楽しくなるキャラクター。そんなクセのある美川を演じるのは、『篤姫』、『八重の桜』以来三度目の大河ドラマ出演となる勝地涼さんです。宮藤官九郎脚本の連続テレビ小説『あまちゃん』では、TOSHIYA(前髪クネ男)を演じ話題となった勝地さんが、美川というキャラクターをいかに作り上げていったのか、撮影裏話を含め、お聞きしました。

「コミカルに描かれているので明るく見えますが、切ない部分もある気がします」

テレビ

――美川秀信の印象を教えてください。

「台本を見て、"金栗氏〜"と、たくさん言っていたので(笑)、ねちっこく言ったり、いろいろなバリエーションを入れて、印象づけられたらなと思いました。撮影に入る前には熊本の美川さんのご親戚の方たちとお会いして、美川さんが好奇心旺盛なハイカラな人だったということをお聞きしました。"自由に演じさせていただいていいですか"とお聞きしたら、"どうぞ、どうぞ"と言っていただいたので、これは楽しく演じさせていただいていいのかなと思いました。破天荒だけど親戚の人たちから愛されていた美川さんを、僕も愛されるキャラクターとして演じられたらいいなと思っています」

テレビ

―― 小梅との関係がおもしろいですが、橋本愛さんとの撮影エピソードはありますか?

「撮影が始まる前にお芝居の話をするわけではないんですけど、メイク室などで僕がポロッと美川のセリフを言うと、橋本さんが次のセリフを言ってくれるので、居心地がいいですね。お芝居では橋本さんは思い切りがよくて、ビンタされるシーンでは最初のドライ(リハーサル)からひっぱたかれたので、"おお、そうくるか"と思いました(笑)。でもそれが逆におもしろくて、僕もテンションを上げていくことができました」

テレビ

――熊本ロケで印象的だったことはありますか?

「忘れられないのは、四三さんと一緒に東京に行く列車のシーンの中村獅童さんです。獅童さんはお芝居をトップギアに持っていくスピードがとても早いんです。緊張と緩和っていうんでしょうか。ホントにすごいです。空き時間はおもしろくて明るいけれど、撮影に入った瞬間の切り替えなどは、とても勉強になります。この列車のシーンではスヤさんを演じる綾瀬はるかさんの自転車の立ち漕ぎや、勘九郎さんのお芝居もすごくて、側で演じながら内心ではとても感動していました」

――四三と美川の関係性をどう見ていますか?

「よく勘九郎さんと話をするんですけど、"なんで四三さんと美川くんは友達なんだろう"って(笑)。でも、考えてみると熊本で育った"同郷"ということが大きいのかなと思います。赤ゲットで一緒に上京してきて、きっとその途中では、"こういう恰好がかっこいいらしいよ"と話をしていたんだろうなと想像すると、すごくかわいいですよね」

テレビ

――美川に共感することはありますか?

「僕は中学から仕事を始め、大学に進学せずに仕事を続けることを自分で決めたのですが、仕事がないときは大学に進学した友達に置いて行かれる気分になることがありました。もちろんそれは四三さんと美川の関係と一緒ではないんですけど、一緒に上京してきて、四三さんに置いて行かれたような気持ちになる美川の気持ちがわかるように思えたんです。美川は劇中コミカルに描かれているので明るく見えますが、そういった切ない部分もある気がします。ただ、四三さんのことを応援している姿も見せたいという演出の方たちの思いがあって、オリンピック予選会の祝勝会で猫を抱いてさみしそうにしながらも、きちんと拍手をする美川の姿も切り取って頂けました。キャラクターの幅も広がったように思います」

――くるくるの髪型は最初から決まっていたのでしょうか。

「衣装合わせのときからいろいろ相談していたのですが、演出の方から四三さんが坊主頭なら、美川くんはちょっと違う髪型にしようとなって、"じゃあ天然パーマっぽいのがいいね"ということになりました。でも放送が始まると、"前髪クネ男じゃなくて全髪クネ男だね"と言われるようになったので、確かにそうだなと(笑)。言われるまではまったく意識していませんでした」

テレビ

――最後に、メッセージをお願いします。

「『いだてん』は、日本がなかなかオリンピックに参加できなかったこと、戦争が絡んでいたこと、スポーツというものが日本でどういう位置づけだったのかということを知ることができ、見ているだけで勉強になると思います。来年の東京オリンピックのあと、僕らが生きているうちに再び東京でオリンピックはないかもしれないですし、定期的に日本で見られるものではないので、今この瞬間にオリンピックを題材にした作品に出演できることが幸せです。美川としては今後、個人的にもうれしいシーンがあるので楽しみにしていてください」

――……ありがとうございました。

番組情報

いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜

毎週日曜 夜8:00〜 NHK総合

登録して出演番組を
見逃さないようにしよう。
テレビ

情報提供:ウィルメディア編集部

テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
テレビ
オススメ
テレビ
TELASA×auテレビランキング
テレビ
auテレビTOP
番組表