日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
auテレビ.Gガイド
テレビ

あらすじ

  • 第96回

    テレビ

    なつたちの短編映画に声が吹き込まれて…

    7月20日(土) 前8:00〜8:15

    なつ(広瀬すず)たちの短編映画に、声を吹き込む作業が進められている。声優には咲太郎(岡田将生)の事務所から蘭子(鈴木杏樹)らが担当し、ついに作品が完成する。仕事を終え、束の間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに。制作中は何度もぶつかった麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)も、一緒になってバレーボールをして笑い合う。そんな中、麻子はメンバーにある思いを打ち明ける。

  • 第97回

    テレビ

    なつは東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなる

    7月22日(月) 前8:00〜8:15

    昭和38年夏、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。風車では、週刊誌に載ったなつの話で盛り上がっていた。そんな中、咲太郎(岡田将生)が、劇団の中で雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。雪次郎が気にしていないか、心配になったなつは部屋を訪ねる。一方東洋動画では、大人気テレビ漫画の影響を受け、社内でもテレビ漫画を製作する班をつくる話が出て…。

  • 第98回

    テレビ

    坂場はなつに漫画映画の世界には戻れないと告げる

    7月23日(火) 前8:00〜8:15

    なつ(広瀬すず)や茜(渡辺麻友)とともにテレビ班に行くように命じられた坂場(中川大志)は、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)達に、東洋動画のテレビアニメに対する姿勢を問うが、納得いく回答が得られない。なつに、もう漫画映画の世界には戻れないとこぼす坂場。その頃、劇団「赤い星座」の稽古場では、次回作の主役が発表され、雪次郎(山田裕貴)が抜擢される。しかし、納得いかない若手劇団員達は雪次郎を呼び出し…。

  • 第99回

    テレビ

    雪次郎は劇団旗揚げの誘いを断ってしまう

    7月24日(水) 前8:00〜8:15

    主役抜擢へのやっかみから、劇団員達に呼び出されたと思った雪次郎(山田裕貴)だったが、実は新しい劇団の旗揚げの誘いだった。蘭子(鈴木杏樹)を裏切ることはできないと断る雪次郎だが、稽古中に蘭子の口からとある事実を告げられる。一方、新作「百獣の王子サム」の制作に携わるためにテレビ班に移ったなつ(広瀬すず)と茜(渡辺麻友)達。だが、映画とは違い、簡略化された原画の数々を目の当たりにし、戸惑いを隠せず…。

  • 第100回

    テレビ

    雪次郎の舞台を見たなつはその感動を伝える

    7月25日(木) 前8:00〜8:15

    雪次郎(山田裕貴)が大役を務めた舞台を観るなつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)、光子(比嘉愛未)。感動したなつや坂場は、その感想を雪次郎に伝える。舞台に満足した咲太郎(岡田将生)も雪次郎をほめたたえる。喜ぶ雪次郎。そして、舞台は無事に幕を閉じる。主役、蘭子(鈴木杏樹)に感謝を伝え礼をする雪次郎。すると蘭子は、自分の家に来るように誘う。ふたりでお祝いしようと言う蘭子に雪次郎は…。

  • 第101回

    テレビ

    雪次郎の話を聞いた蘭子は思いもよらない言葉をかける

    7月26日(金) 前8:00〜8:15

    仕事から帰ったなつ(広瀬すず)は、風車に来ていたレミ子(藤本沙紀)から、雪次郎(山田裕貴)が舞台の千秋楽のお祝いに、蘭子(鈴木杏樹)の自宅に招かれたことを知らされる。それを聞いた亜矢美(山口智子)は、過去の経験から、雪次郎の恋と役者人生の両面を心配する。その頃、雪次郎は、蘭子への思いや劇団が分裂してからの出来事を打ち明けていた。その話を黙って聞いていた蘭子は、雪次郎に思いもよらない言葉をかけ…。

  • 第102回

    テレビ

    なつたちの作ったテレビ漫画の放送が始まる

    7月27日(土) 前8:00〜8:15

    なつ(広瀬すず)たちの作ったテレビ漫画「百獣の王子サム」の放送が始まった。十勝の柴田家では富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、そして泰樹(草刈正雄)も、なつの活躍を喜んでいる。東洋動画のテレビ班では、演出の坂場(中川大志)と制作進行が言い争いが増す。その間で、なつも新しいアイデアを出し、作品づくりの中核を担うようになる。その頃、帯広の雪月に、大きなカバンを抱えた雪次郎(山田裕貴)が現れて…。

番組情報

テレビ

なつぞら

毎週月〜土 前8:00〜

NHK総合/BSプレミアム

「連続テレビ小説」100作目を広瀬すすが主演!

「連続テレビ小説」100作目となる脚本家・大森寿美男のオリジナル作品。舞台は戦後の北海道・十勝。広瀬すず演じる両親を戦争で失った少女・奥原なつが成長していく姿を描く。物語では、高校を卒業したなつは、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。

登録して出演番組を
見逃さないようにしよう。
テレビ
情報提供:ウィルメディア編集部
オススメ
テレビ
ビデオパス×auテレビランキング
テレビ
auテレビTOP
番組表