日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
auテレビ.Gガイド

映画「太陽の家」スペシャルインタビュー 池田芽衣役/広末涼子さん

2020.1.17
広末涼子

日本を代表するアーティストである長渕剛が、約20年ぶりに映画の主演を務める『太陽の家』が1月17日(金)より公開される。本作のテーマは“愛と優しさ”。長渕扮する単純だが実直な大工の棟梁・川崎信吾と不器用で臆病な少年の交流を通して、人と人との愛や人への優しさを描いていく。この感動物語には、長渕をはじめ、飯島直子山口まゆ潤浩瑛太ら豪華キャストが集結。広末涼子は信吾と関わっていくシングルマザーの池田芽衣役で出演している。インタビューでは、自身も母親だからこそ分かる芽衣の心情や、かけがえのない子どもへの思い、そして“理想の家庭”像について語ってもらった。

「当たり前のことができるような家庭を築いていきたい」

Q. 脚本を読んだ感想は?

「初稿をいただいた時に企画意図や長渕(剛)さんが主演を務めるということを聞いてワクワクしました。芽衣というシングルマザーの女性をどんな風に演じたらいいのか、脚本を読んだ段階では、もしかしたらちょっと悩むかもしれないなと思っていたんです。でも、長渕さんや瑛太さんがスタッフの方にいろいろアイデアを提案してくださって、そこから脚本が大きく変わって、それぞれのキャラクターの背景や人間性、絆の深さなどがすごく浮き彫りになったんです。芽衣という役は中盤から後半にかけて過酷な運命と向き合わなくてはいけないんですけど、それは初稿にはなかった設定でした。シングルマザーが愛する子どもを守るという話にいろいろな肉付けがされたことで、役作りに対する難しさを感じることはなかったですし、撮影に入ってからも不安は全くなかったですね」

広末涼子

Q. 芽衣というキャラクターにはどんな思いがありましたか?

「ちょっとびっくりするようなことをやってしまう女性ですよね。出会ったばかりの信吾(長渕剛)さんを急に自分の家に呼んだり、自分の子どもを預けてしまったり。どういうことなんだろうって思いました。でも、芽衣の立場になって考えた時に、身内を含めて頼れる人が周りにいなかったのかなと。他人である信吾さんにお願いするしかなかったんだろうなということに気付いて胸がいっぱいになりました。母親はどんなことをしても子どもを守ろうとするし、幸せになってほしいと思いますから。過酷な運命を背負う芽衣の切なさや息子への愛情には同じ母親としてグッと来るものがありました」

広末涼子

Q. 飯島直子さんが演じる信吾の妻・美沙希との対比も興味深いですね。

「美沙希さんは器が大きい女性ですよね。信吾さんにとっては、いわゆる“港”のような存在。どこまでも真っ直ぐな信吾さんの人間としての強さに太刀打ちできる芯の強さと真っ直ぐさを持っているところが素敵だなと思いました。芽衣は母親としてまだまだ未熟ですけど、かけがえのない息子を守りたいという気持ちはものすごく強い。だからこそ、自分が苦しい状況になった時にあえて子どもと距離を置くという選択をする。私も以前は芽衣と同じようなことを考えていたかもしれません。でも、母親だって間違うことがあるし、泣くことだってある。失敗する姿を見せることで子どもが自分のことを守ってくれたりもするんです。私自身も母親を経験して学ぶことができました。子どもも親に頼られたいと思っていることを知ったし、特に男の子だったら母親を守ろうという気持ちが自分を強くしていく。私もそんな子どもの姿を見てきたので、弱い部分を見せたくないと頑張っている芽衣の姿にいじらしさのようなものも感じました」

広末涼子

Q. 母親になったことで女優という仕事への向き合い方に変化はありましたか?

「私は役を引きずらないタイプだと思っていたんです。でも、自分の家族を持つ前の私は家に帰っても役のことを考えてしまうし、何か参考になるような映画を見たり本を読んだり……24時間の中で仕事の時間が大きく占めていたような気がします。それが、結婚して子どもができたことによって、女優としてのオンとオフのスイッチングをせざるを得ない環境になって。家のことに時間を使いたい、家族や子どもとの時間を大切にしたいと思うようになりました。これは決して無理をしているわけではなく、ごくごく自然に。私自身はこの心境の変化をポジティブに受け止めていますし、女優のお仕事にもプラスになっているのかなと。限られた時間だからこその集中力を大切にしたいと思っています」

Q. 今回は家族の物語が展開されますが、広末さんにとっての“理想の家族”像は?

「10代で芸能界に入った時に周りの人から『しっかりと挨拶ができるんですね』とか『いい家庭で育ったんですね』って言われることが多かったんです。昔から人見知りしないタイプでしたし、挨拶をするのが当たり前だと思っていたので、そういうことを言われるのが不思議でした。だけど、大人になって気付きました。そういうことが自然とできるのは、ちゃんと両親が教育してくれたからなんだと。『ありがとう』や『ごめんなさい』という言葉も同じですよね。父も母も人として大事なことを私に教えてくれていたんだなって、今はすごく感謝しています。だから、私もそういう当たり前のことができるような家庭を築いていきたいですね」

広末涼子

Q. 共演シーンは少なかったですけど、事務所の後輩の山口まゆさんがある媒体のインタビューで「広末さんとご一緒できてうれしかったです」とおっしゃっていました。

「現場でまゆちゃんと一緒になったのは1回ぐらいだったのかな?まゆちゃんとは彼女がデビューしたばかりの頃に『聖女』というドラマで共演したんです。その時からずっと成長を見てきているので、今回同じ作品に出られて私もうれしかったです」

――ありがとうございました。

映画『太陽の家』 1月17日公開
太陽の家

©2019映画「太陽の家」製作委員会

太陽の家

©2019映画「太陽の家」製作委員会

あらすじ
大工の棟梁である信吾(長渕剛)は神技的な腕を持つ職人。外見は強面風だが、やんちゃな性格で人情に厚い。そんなある日、信吾は保険会社で営業を担当しているシングルマザー・芽衣(広末涼子)と出会う。芽衣の息子の名前は龍生(潤浩)。父親のことを知らずに育った龍生のことが気になる信吾は「俺が男にしてやる!」と宣言。龍生の面倒を見たりして、少しずつ芽衣親子と関わりを持つようになるが…。
出演
長渕剛飯島直子山口まゆ潤浩柄本明上田晋也(友情出演)/瑛太広末涼子
主題歌
長渕剛「Orange」
監督
権野元
©2019映画「太陽の家」製作委員会
プレゼント
広末涼子さんのサイン入り写真を1名様にプレゼント!
広末涼子
くわしくはこちらをご覧ください。
(プレゼント提供:ウィルメディア編集部)
※応募受付は終了いたしました。

撮影:島村緑/取材・文:小池貴之/ヘアメイク:山下景子/スタイリスト:道端亜未

情報提供:ウィルメディア編集部
オススメ
テレビ
ビデオパス×auテレビランキング
テレビ
auテレビTOP
番組表