日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
auテレビ.Gガイド

映画「広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版」スペシャルインタビュー 西尾和 役/黒羽麻璃央さん

2019.7.8
黒羽麻璃央

今年1月クールにtvkほかで放送されたドラマ「広告会社、男子寮のおかずくん」の映画版が7月12日(金)より公開される。黒羽麻璃央演じる“おかずくん”こと西尾和ら、広告会社の男子寮に住む4人が毎週金曜に手料理を持ち寄って会食する“ハナキン持ち寄り会”の光景を交えつつ、彼らの仕事の奮闘ぶりを描くこの作品。映画では江の島ロケも行われ、物語も登場する料理もドラマ以上にパワーアップしている。そんな映画の公開を控える黒羽麻璃央に話を聞いた。

「おかずくんのように、何ごとにも一生懸命に取り組む純粋な人間でありたい」

黒羽麻璃央

Q.映画化の話はいつ頃、お聞きになったんですか。

「ドラマを終えて、映画化の話があがりました。それが放送中のことでしたので、ドラマの最終回で発表されるまで誰にも言えなくて。ファンの方から『映画化してください!』って言われたりして『…するけどね』なんて内心で思ってました(笑)」

Q.おかずくんの役をいただいた時の印象はいかがでしたか。

「ちょっと3枚目というか(笑)。今までの僕は逆に東良(崎山つばさ)みたいなしっかりした役が多かったので、自分におかずくん要素あるかな? と思いました。原作の漫画をベースにしつつ、それを忠実に演じるというよりは、4人が揃った時のバランスや空気感の中で生まれるおかずくんを大切にして作っていった感じですね。おかずくんは何ごとにも一生懸命に取り組む純粋な人間で、僕もそうでありたいなと思っているので、そこが表現できたらいいなと思いました」

黒羽麻璃央

Q.“ハナキン持ち寄り会”が見どころの1つになる作品ですが、男同士で家に集まって食事するのは楽しいですよね。

「ワクワクしますね。学生時代によく友だちと鍋をやったりしてたのを思い出しました。特にこの作品では、みんながおかずくんの部屋に集まるというのがうれしかったです。僕も友だちが自分の家に来るのはうれしいですから。みんなが気に入ってもらえる空間じゃないと来ないだろうし、そんな風に遊びに来てくれる関係性が築けるのも幸せなことだなと思います」

Q.普段から料理はしますか。

「恥ずかしながら、料理はしないです。ちょっとした炒め物くらいで。でも、プロの料理人の話ではないですからね。ドラマにクランクインする前に料理教室に通いましたけど、僕が不器用なりに作ったものを3人が美味しいって言って、食べてくれたのはうれしかったです。やっぱり、誰かが一手間加えた料理を食べられるのは人の温かさに触れられるし、いいですよね」

黒羽麻璃央

Q.映画では男子寮を離れて、江の島で本格的なイタリア料理を食べるシーンもありました。

「めちゃめちゃ美味しかったですよ、ペスカトーレ。映画に出演されていた俳優さんがたくさん作ってくださって、現場にはお弁当も用意されてたんですけど、ペスカトーレばかり食べてました(笑)。ほかにも空き時間には、つばさくんと江の島のしらす丼を食べに行ったり。演技をしている時ってエネルギーを使うので、常にお腹減ってるんですよ」

Q.劇中にも崎山さんと江の島を散策するシーンがありましたね。

「デートしましたね(笑)。30分のドラマではなかなかできない、映画の尺ならでは描けるシーンだなと思いました。プライベートな感じもあって、あのシーンは映画というより、メイキングを撮っているような感覚でした」

黒羽麻璃央

Q.グルメドラマとお仕事ドラマの2つの要素のある作品ですが、映画は仕事の部分もより深く描かれていますね。

「仕事面も人間関係も深く掘り下げられてますね。僕らみたいな仕事をしていると、会社員の事情ってあまり分からないじゃないですか。同世代の友だちにとって当たり前の生活が分からなかったので、こういうこともあるんだなって感じることができてうれしかったです。映画では入社説明会の時のおかずくんの話も出てきて、あの頃からまっすぐな子だったんだなって再確認できました」

黒羽麻璃央

Q.では、最後に改めて映画の見どころをお願いします。

「おかずくんのまっすぐさや純度の高さを通じて、ふだん仕事をしていく中で忘れてしまいがちなものを取り戻せる作品だと思います。働いてる方が見て、明日からも頑張ろうと思える作品になったらいいですね。4人が江の島の海ではしゃぐシーンも、青春だなーっていう感じでいいと思います」

Q.ドラマや映画の続編もあるといいですね。

「いいですね。次は海外に行きたいです。『おかずくん、台湾へ行く』とか『おかずくん、ハワイ出張』とか。ホテルの部屋に海外の料理を作って持ち寄ったりして。なぜか経理部の南郷(大山真志)も海外出張についてくるっていう(笑)。それが実現するかどうかは今回の反響次第なので、一人でも多くの方に見ていただきたいです。ドラマのDVD-BOXも発売されるので、おかずくんの部屋で、5人で食事している気分で見てください」

――ありがとうございました。

タイトル
映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』
7月12日より全国公開
黒羽麻璃央

©オトクニ/libre 2018 ©「広告会社、男子寮のおかずくん」製作委員会

あらすじ
西尾(黒羽麻璃央)はミナト広告が新規に受注した江の島グルメ協会の案件のプロジェクトリーダーを務めることになった。グルメ誌の制作が始まり、東良(崎山つばさ)の高校の先輩・美夏(逢沢りな)の父・友和(田中要次)が営むイタリアン料理店に出向いた西尾はその味に感動。広告の掲載をお願いするが、友和に断られてしまう。

撮影:荻窪番長 / 取材・文:青木孝司

情報提供:ウィルメディア編集部
オススメ
テレビ
ビデオパス×auテレビランキング
テレビ
auテレビTOP
番組表